読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さくらもちこわい。

おいしいものがこわい。かわいいものがこわい。最後に一杯、冷たいビールがこわい。

支那そば めでた屋のワンタンメンがこわい

○○こわい

京王線仙川駅から歩いて五分ほど、安藤忠雄ストリートにあるラーメン屋に行ってきた。

店名は「支那そば めでた屋」

安藤忠雄は日本が誇る建築家のひとり。 コンクリート打ちっぱなしが特色である。 そのため、この安藤忠雄忠雄ストリートももちろんコンクリート打ちっぱなしだ。 そんな中でやっているラーメン屋、おしゃれすぎて、こわい。

ドアを開けて中に入ると無骨なおっちゃんと、劇団員風な店員さんがお出迎え。 中は意外と普通の店だった。騙された、こわい。

壁のメニューを見ると、ラーメン、チャーシューメン、ワンタンメン。 どれにしようか。若干文字が大きかったのでワンタンメンにした。

「ご注文は以上で?」

そんなことを言われると焦ってしまう。 動揺して、つい、肉シュウマイを頼んでしまった!

よく考えてみたら親戚じゃないか! 店員の策略にまんまと嵌められた。こわい。

f:id:hiroettyu:20150413080949j:plain

f:id:hiroettyu:20150413081000j:plain

スープは煮干し香る昔ながらの味。あっさり系。 麺は細めでしゃっきり。

麺の歯ごたえの小気味よさを楽しんでいたら、スープの中に異物があった。

f:id:hiroettyu:20150413081009j:plain

クラゲだ! クラゲが入っていた! ラーメンにクラゲを忍ばせるなんてけしからん!

・・・よく見たら、ワンタンだった。

ついに幻覚を見るようになったか、こわい。

肉のところはプリプリ、皮が重なっているところはちょっとグニっとしていてウマイ。 そのコントラストがいい感じ。

また食べに行こう。 次は餃子を頼もう。 (結局、親戚じゃないか)

ちょっとネタ切れの匂いを感じている今日このごろ、こわいこわい。



 普通のブログもやってます。よかったら、どうぞ。

ピリリンク!